こんばんは。zakisawaです。

本日(といっても日付変わってしまいましたが…)、合格物語主催の法規1講習会に参加してきましたので、学んだことを復習ついでに整理します。
といっても、内容の非常に濃い講習会で、若干頭がパンクしかけているので、とりあえず吐き出していきたいと思います。

講習会の内容自体は、法規の中でも「構造」の部分に特化したものでした。

色々と盛りだくさんな講義内容の中でも、特に、法20条(構造耐力)・令36条(構造仕様)・令81条(構造計算)の関係性をわかりやすく体系的に提示してもらえたのは、非常にありがたかったです。

早速、学んだ内容を自分なりに整理してみました。
(間違ってるところがあればぜひとも突っ込んでほしいです。。。)

法規講習会まとめ


それと、先生が法規を勉強するうえでのポイントを教えてくれましたので、忘れないうちに。

①知識の体系化
②出題者との対話
③イメージの描き出し

・出題者側が何を聞いているのかを見極めることが重要で、法令集から答えを探すものではない
 (法令集持ち込みOKという甘い誘惑に負けないこと)
 これができれば、時間が足りないどころか、時間が余る
・過去問は知識をつけるためというよりは、出題の問われ方を学ぶもの
 法規は暗記科目であるが、答えを暗記するのではなく、箱とアドレスのつながりを覚える

とりあえず今日はここまで。
引き続き明日は構造文章題1の講習会を受講してきます。

ではでは。